FC2ブログ

ヒカリアンと行く新幹線撮影記!!

ヒカリアンと実車でどーでもいいような比較をするK25,47ファンのブログ。ヒカリアンと共に撮影にも出かけます。

200系で行く最後の新潟へ・・・。~後編~

皆様お久しぶりです、そして大変お待たせしました!!
200系で行く最後の新潟旅行後編をお送りいたします。
前回の旅行記(前編)はコチラで。

さて、越後湯沢に到着し、雪で遊ぼうとしたのだが・・・。
のぞみ「orz」つばさ「まぁ、時期と場所を考えると仕方ないからな」
しかし、写真では見えづらいが雪は止むどころか視界が遠くまで見えない状況になっており、ヒカリアンを連れての駅外散歩は不可能と考え外へは出ませんでした。(まぁ遠征時期を考えれば普通かもしれませんが)
仕方なく駅の中を散歩することに・・・。
ケーくん「じゃ切符も買っとかなきゃね」
E2「だな」
特急券が100円…驚きの安さ(汗)
と言うことで下準備中には買っていなかったガーラ湯沢~越後湯沢間のきっぷを購入、私はウィークエンドパスを使っていたため特急券しか購入してないけど。特急券で100円、乗車券で140円の合計240円臨時駅でしかも在来線区間ではありますがここまでお安く新幹線に乗れるのはこの区間ぐらいです。
(ちなみに他には博多南線の博多南~博多間で乗車券特急券込みで290円だそうです)他の駅へのきっぷの値段が4ケタに対し、越後湯沢のみ3ケタ、こんなシュールな券売機内容が見られるのも越後湯沢・ガーラ湯沢の特徴の一つ・・・と思ったら上毛高原・浦佐も3ケタだ(汗)
そして改札で待機。

ガーラ湯沢駅での特徴の一つと言えるのがこれ、昼間でも乗客が降りたらそく改札閉鎖。
でもご安心を、新幹線の発車時刻前には改札が開くので安心して新幹線に乗れます。
ここから越後湯沢に戻り目的地である新潟を目指します。
いよいよ改札が開き、新幹線に乗り込みます!と言っても前編でここまで来たK51編成の折り返しですが・・・。こんな遊びができるのも、午前中ガーラ始発のたにがわ号だから。越後湯沢からはたくさん人が乗りますけどね
越後湯沢に到着、外見もなかなかすてきですね~
何故新幹線に関係ない除雪車の画像が?と思った方もいるでしょう、単純に私が雪の降らないとこ出身で初めて見る除雪車に感動したため(苦笑)
越後湯沢に到着し、少し買い物した後、再び次の新幹線に乗るためホームへ・・・。
E1スナイパー「これは何ですか?温泉?」つばさ「そうなんだ、あと、はくたかが止まるホームにもあるらしいぜ」
そうこうするうちに次の新幹線に乗車、次の新幹線は何かな~?
やまびこ「1階席も悪くないな」つばさ「そうですね~」
そして新潟に到着!
E4系に乗ったのですがそれが・・・
ケーくん「お疲れ様~1階席も乗り心地が良かったよ~」
ケーくん「イーフォー、お疲れ~」
なんとP1編成だったのである。
つまり一番最初のE4系なのである。
そして今回はしばらく新潟に行けそうも無く、新潟遠征の記事はしばらくないと思うのでここで今まで行ってはいたが、こちらでは語ってない部分を話そうかと思います。
ちなみに私が毎年新潟遠征に行く理由はこの新幹線車両にあったりします。
K21(ケーくん)「会いに来たぞ~」K25「兄さん、久しぶり」
200系K25編成
200系に乗り新潟に行くのもそう何ですが、本当の目的はこの子に会うため、新潟まで足を運んでいました。
200系K25編成は新潟中越地震の影響で、営業運転で初の脱線と言われてしまった車両です。
とはいえ、死者はおろかケガ人すら出さなかったという、新幹線の安全神話を守った、英雄的車両・・・と私は思っています。
(ちなみにこれも参照)
ここでこの子に会うのも今回の旅行記で最後になるかもしれません。
何故ならこの221-1505は白河の研修センターに移動することになるかもしれないのです。
そうなれば今度こそ中々会えないような存在になってしまうのです。
私も来年、社会人になることを考えると、研修センターの一般公開はごく稀にしか行わないらしいので、しばらくは会えるかどうか分からない、そう思い今回の旅行記まで新潟に行けば必ずK25編成君に会いに行っていたのです。
ちなみに先ほどさらっと「白河の研修センターに移動」と言いましたが、これは彼の本当の保存が決まったということで、個人的には嬉しいのだが複雑な気持ちではあります・・・。
そしてK25編成に会い、当時解体後放置中であったE1系M4編成の先頭車の記録を済ませ、私はK25編成とお別れをしました。今度はブルーシートの中にある素顔をいつか見てみたいものです。

そして新潟に戻ってまいりましたー!!!
やることはやった!会いたい車両にも会えた!!
そしたらもうあとは好きな新幹線に乗って帰るしかないっしょ!!!!!
と言うことでこの旅の〆となる新幹線はこの娘!
K46編成可愛いよK46編成たん200系K46編成!

個人的にはリニューアル車唯一の日立製K43編成ちゃんも捨てがたいですが、時期は2012年12月24日、2013年1月の運用改定で必ず廃車になってしまう編成から乗って行こうと思ったからです。

黒縁状態になってたのも末期のK46編成の特徴?
(ちなみにK26には遭遇したのですが、確か回送列車だったのでスルー、でもK26にも乗りたかったよ)
K46編成に乗りほっと一息。車内で一人で勝手にヒカリアンの撮影会をしていました(苦笑)
乗車直前にK46の先輩でもあるK41編成が、ちなみにK41編成はK46編成の後を追うように2013年2月に廃車となりました。
みんな揃ってハイ!ポーズ!ちなみにこれがK46編成の最後の乗車となりました。
そして出発直前にE4系や200系K41編成を背景に皆で記念写真を撮り新潟を後にしました。
皆さん、お疲れ様です。
ちなみにK25がいなくなると新潟に行くことが無くなると思われる方がいるでしょうが、それは違います。
でも新潟に行くとしたら別の理由で来年の9月以降かなぁ・・・。

以上でヒカリアン旅行記
「200系で行く最後の新潟へ・・・。~後編~」を〆させていただきます。
半年以上にわたってみていただいた方まことにありがとうございます。
スポンサーサイト



  1. 2013/07/29(月) 12:32:15|
  2. ヒカリアン旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

特別番外編:200系新幹線グッズ特集!

どうも、お久しぶりです最近は撮影ばかり行くことが少なくなり、ヒカリアン旅行記どころか、まともなネタがない毎日です。
と言うことで、過去の旅行記に関しても未完成のままなのでそちらの続きを完結させる予定です。
長い間更新を待っていた方(いませんよね?)、もうじき更新予定です!もうしばらくお待ちください・・・。

てことで今回は少し雑記を。
このブログでも別のところでもいうように私は200系が大好きな人間で定期運用最終日にも乗りおさめをしてきたくらいです。(お金があれば4月の団体も乗りに行きたかったくらい・・・)

そんな訳で今回は200系新幹線グッズを紹介しようかと思います。
ケーくんとやまびこ兄貴
まずはヒカリアンです。
200系のリニューアル車も含めて実は925形(ドクターイエロー)の金型を流用しているのですがその話は
ケーくんのレビュー参照。200系ベースのアニメキャラクター自体はこの他に、トランスフォーマー座ヘッドマスターズの「豪雪戦闘員ユキカゼ」(200系0番台)・勇者エクスカイザーの「グリーンレイカー」(200系H編成)・勇者特急マイトガインの「ライオボンバー」(200系H編成)などがある。
ちなみに200系2000番台(200番台も含め)は肝心のヒカリアンでは何故か、ただの列車での登場である。(いわゆるモブキャラならぬモブ列車ですね)

お次はカプセルプラレールです。
人気者新幹線スペシャル2のラインナップされていた物
カプセルプラレールの200系の登場は意外と遅く、パート8の「新幹線立体レール編」のリニューアル車が初登場となりました。他にもパート12の「路面電車編」でH編成が、そして2011年08月の「サークルKサンクス限定企画」でやっと旧塗装が登場しました。
ちなみに写真のは特別番外編の「人気者新幹線スペシャル2」の物です。
今のところ、200系の透明プラ製のカプセルプラレールはこれと、サークルKサンクスの限定品のみです。

お次はミニモータートレインです。
私は後ろしか持ってない(涙目)
ミニモータートレインでは旧塗装とリニューアル車が製品化されいています。
しかし、こちらもカプセルプラレール同様200系自体が登場する回が少なく、なかなか手に入りにくいのが現状。

お次は「スタートレイン
バンダイも本気を出せばNゲージ作れるんじゃね?と思うレベルだともうのは私だけでしょうか?
スタートレインはバンダイから2002年ぐらいに315円で発売された、鉄道玩具です。
個人的には、所々Nゲージを凌駕する部分もあり、鉄道ファンからは結構注目されていたものと思われます。
TOMIXの200系2000番台比べても引けを取らないレベルになってます。
200系は2000番台のみが製品化されました。
独自の連結器を備えていて他のスタートレイン製車両と連結できます。
これで315円はかなりすごいと思いました。鼻が取れて、中から連結器が出てきます。
ただ、そんなにいないと思いますがTOMIXなどの連結器と無理矢理連結させようとするとTOMIXの連結器(カプラー)のパーツが吹っ飛ぶ可能性があるので連結させない方が良いです。
お次は「チョロQ」です。
大宮のイベントで購入、多分今後普通には発売されないと思うので2つも買いました(笑)
チョロQと言っても、普通に量販店などで売っている自動車シリーズなどとは違い、車内販売や鉄道博物館やイベントなどでの発売が中心です。
200系は2両連結は旧塗装のみ。昔発売された1両単体なら、200系0番台と2000番台が製品化されました。
最近は新幹線のチョロQは200系に限らず、2両連結で発売されてます。
以上で番外編の200系グッズ紹介を終了します。
次の更新を楽しみに待ってださい!ではっ!
  1. 2013/07/06(土) 19:11:42|
  2. 模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0