FC2ブログ

ヒカリアンと行く新幹線撮影記!!

ヒカリアンと実車でどーでもいいような比較をするK25,47ファンのブログ。ヒカリアンと共に撮影にも出かけます。

第二回:小山駅遠征

はい、ヒカリアン旅行記第2回は東北新幹線小山遠征です!!
この日(19日)は、小山新幹線車両センターのイベントがあり、1200名限定で小山から200系K47編成に乗り、車両センターまで送迎されるという事で、私はその1200人の中の人ではなかった為、その日一日、K47の撮影をすると同時に、色々な新幹線の撮影をすることにした。
一日のスタートはR24編成から
本日は、ケーくん・やまびこさん・E2ジェットの3人です。(ちなみにK47も出てきます。)
そして小山に到着です。
K47がいるーww
東京方面だけ200系・・・わざわざ変えるのが面倒なのだろうか
到着するや否やイベントに向けての回送車が続々と登場!そして写真のようにE5E1が並ぶ展開に・・・。
 はやぶさ2号とM4編成の回送
K25,47ファン(以下私)「さて、このあとはただ、ひたすら撮影だ!」
一同「えーっ!」
ケーくん(K21)「このあとK47が帰ってくるけど、撮るの?」
私「んだ」
2011年のダイヤ改正以来の小山駅停車だろうか
そしてお目当てのK47編成の回送が到着。
何故か団体表示・・・謎だけどラッキー(w団体という名の回送(笑)
ヒカリアンチェンジした(?)K47編成
K21「今回の目的ってまさか・・・」。 私「うむ」
E2ジェット「おぃ」
そして午後、K47・M4編成の両方の回送が来てさらにはイーストアイまで来て・・・。
こちらは約12年ぶりの小山停車
イーストアイ博士(?)

そして夜の8時・・・最新型が姿を現す。

ラブラブ中の所、失礼いたします(苦笑)
ほ・・・ホントに現れたぁ~!!!(驚)
E2「嘘・・・だろ!?」K21「うわぁ・・・すごい♪」
久々にE6を見ました♪テールライトも今までに無いデザイン
E6系は2013年に量産車が登場する予定の新型の新幹線なのである。
今回はE5系S11編成と共にイベントに展示され、その後仙台まで回送されると聞いたので、8時まで待っていたのだ!、そしたらやってきたという話
K21(ケーくん)『やっほ~♪』                    S12編成『あ、皆さん、こんばんは♪』
ケーくん達と別れを告げ、仙台に向けて発車しました。しかし
何故かこまち用車両のトップナンバーが2本連続でwwR1がやってきた(汗)帰りのP2編成1号車にて
何はともあれ3人ともお疲れ様でした。
以上で今回の小山遠征はおわりです。今日はのんびり過ごすかも・・・。
スポンサーサイト



  1. 2012/05/20(日) 13:19:46|
  2. ヒカリアン旅行記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ヒカリアンレビュー 超特急ヒカリアン JHR008 E2ジェット

はい、レビュー3回目はこのE2系新幹線です。
まずは実車から。
E2系は1997年の長野新幹線の開業に合わせて登場したN編成と200系置き換え用に製造されたJ編成の2種類です。
最高時速はこれまでの200系の240キロからいっきに275キロまで出せるようになりました、ただしN編成は260キロ。
現在も東北・長野新幹線で活躍する他、将来は上越新幹線にも転属予定(?)らしいので。
E4系で飽き飽きだという新潟県民のE2系ファンの皆様、期待してみては?
因みにE2系には特殊な車両もいるので解説しよう。
N21編成
写真のE2系はN編成のN21編成という編成だが、実は元J編成のトップナンバーJ1編成なのだ!
N21編成はE2系J編成のはやて化改造の中で、試作車(つまりは1番古いE2系)という事もあって、改造は見送られたのと同時に長野新幹線に左遷転属された経緯を持つ変わった編成。
ちょっと話が脱線するがこのN21編成、実は6年に1度、面白い運用が組まれる事がある。これがその『面白い運用(笑)』
これがその運用だが、6年に1度E926形新幹線電気軌道総合試験車こと「イーストアイ」の全般検査(自動車で言う車検)で検測できない時は予備の軌道検測車とつながり、このような凸凹な編成で走行する。
因みに写真は2011年の物なので次の検測の時はE2系初期車の寿命が来るのであるのかどうか分からんが・・・。
いきなり特殊ネタに話がそれたが、話をE2系の種類に戻そう。
お次はJ編成。
J編成は大きく分けてさっきの特殊車(N21)とそれ以外の0番台車と別形式といってもいいほど、変わった(大げさか?)1000番台がある。
まずは0番台のJ編成。
J11編成
J2~J15編成までが在籍し、現在はやまびこ・はやて・なすので運用中。これも製造時期で違いがあるが今回は割愛。
お次は1000番台
写真は最新のJ70番台
1000番台は2002年の八戸延伸に合わせて増備された編成。
こちらも細かい違いがあるが、1000番台の詳細は別館のコチラを参照していただきたい。
最後にあさま専用のN編成
N5編成
最高時速は260キロで東京ー長野間のあさま専用車である。現在はもう一つのトップナンバーのN1編成を含めN1~N13の13本とN21が所属。
はい、実車の説明がとても長すぎて飽き飽きしただろうし、そろそろレビューへ・・・
まずは全体。
どう見てもN1編成に見えるのは私だけだろうか
そもそものE2系のヒカリアンが登場したのはE2系自体が落成してから間もないせいか、J1(現N21)かN1のどちらかをベースにしてると思われる。
ま、マークが無い・・・だと!?
現在のN1・N21編成はマークが付いているが、こちらは試験中をベースにしたと思われる為マークが付かない実車のマーク(笑)
↑赤い四角の中にあるのが実車のマーク(N21編成 あさま用)
TOMIXのマークでも付けてみようかと思ったが貼る場所が小さすぎるようだ
ささ、お待ちかね、ヒカリアンチェンジと行きますか。
ライトニング・E2ジェット
カッコイイですね♪、昔何故か2個も持っていた事を思い出します~ww
手に持ってる武器はジェットガンです。ジェットガンファイヤーとか言って炎を出してたのを思い出しました(w
アニメでは超特急時代は「スピードが命」な性格だったそうで自分より早い存在をみつけると営業中なのに勝負に挑む事もあってか300X博士に謹慎処分を受けてたらしいが、その後直ったそうだ。
ちなみに相方のE3レーサ(E3系)とはライバルだったそうだ。因みに実車みたいに両者が連結して走行するシーンがアニメに無かった事から、彼はN編成がベースと推測される(あくまで私の勝手な推測)
そして電光超特急ではE3と兄弟という設定になっており、兄弟揃って漫才をやっていたりしていたが周りからはあまりウケてなかったそうだw(私は大笑いしたなぁ~とくにE3のボケでw E3「次は巣鴨~」E2「それ山手線でしょ」)
尾翼がこんなにカラフルなヒカリアンはいな・・・あ、ウェストがいたか
尾翼もしっかり再現されている(ケーくんの箱のラインナップのイラストで確認)
超特急ヒカリアンではシリーズでは標準タイプ
後ろにはちゃんとE2って書いてあります。
ちなみに担当した声優は、OVAが中村大樹さん、超特急は原沢勝広さん→さん千葉進歩さん→加瀬田進さんである。
電光超特急では遠近孝一さんが担当した。
ちなみにこのE2、私のヒカリアン仲間に譲ってもらいました。(譲っていただいた方、ご協力ありがとうございます)
最後に最近の我家のヒカリアンたち(東北上越メンバー)
ここは仙台か?
え?ケーくん増えてないかって?フフフ・・・それはケーくんのレビューまでお楽しみにw
では次回♪
  1. 2012/05/06(日) 10:25:32|
  2. ヒカリアンレビュー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0