FC2ブログ

ヒカリアンと行く新幹線撮影記!!

ヒカリアンと実車でどーでもいいような比較をするK25,47ファンのブログ。ヒカリアンと共に撮影にも出かけます。

ヒカリアンオフ 04に行って来ました。

皆様すごーくおひさびさな更新です。
今回はヒカリアンオフ04に行って来ましたのでその時の写真をという事でケーくん!R21!解説よろしく。
IMG_1999.jpg
K21(以下ケーくん):了解、紹介するね。
R21:了解しました。
K21:今回は三軒茶屋で行われたんだよ。
R21:パンフレットのイラストが可愛いですね(^^)
IMG_9893.jpgIMG_9894.jpg
K21:今回の展示スペースはこんな感じだったよ。
R21:「デラックスのぞみ号」やヒカリアンステーションもありますね~。
IMG_9888.jpg
K21:今回管理人が塗り替えた200系F8編成や961形、さらにE4系の新塗装もいるね。
R21:それにしても凄い数ですね(^^;)
IMG_9901.jpg
K21:そして、ビッグワンダーも動作実演をしたんだよ。
R21:ステーションを引っ張るのは、初めてみました。
K21:以上え、今回のヒカリアンオフ特集はおわり。
R21:えっ、写真はこれだけですか?
K21:うん・・・・・残念がらね(- -;)


と、いう事で久々の更新はヒカリアンのオフ会に参加してきました!
今回は残念ながら写真はこれだけしかありまんが、ヒカリアンの関係者の方も来て大盛り上がりの1日でした。
参加された皆様、お疲れ様です。
スポンサーサイト



  1. 2016/06/27(月) 01:26:23|
  2. ヒカリアン旅行(?)記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新幹線50周年記念!リニア・鉄道館遠征 ~後編~

はい、久々の更新はリニア・鉄道館遠征の後編です。
前編の記事から見ることをオススメします。

~いざ!リニ鉄へ~
と言うことで後編スタートです!!

~偉大な車両たちがお出迎え~

早速入ると、C62 17・955形(300X)・MLX-01がお出迎え。
K21「MLX-01さんこんちは」MLX-01「こんにちは」
ケーくん「わーリニアだぁ♪」R21「すごく背が低いですね」
ヒカリアンの300Xと違うのはこの先頭車がラウンドウェッジと言う先頭形状である
C62、300X、そして超伝導リニアが揃ってお出迎え、特に300XやMLX-01は会いたい車両だったのですごく嬉しいです。
ちなみにこの300X、ヒカリアンの博士と違うと思う方もいますよね?まぁ、300X博士が手に入ってからそういうのはお話するとして・・・。

~栄光のスター達の豪華共演~
そしてこの先に行くと目の前にすごい光景が広がっていた・・・。
IMG_9362.jpg
0系K17編成、100系X2編成、300系J1編成、700系C1編成、そして922形T3編成と東海道新幹線で活躍した新幹線車両がズラリと並んでいる。この様な光景は新幹線ファンならずとも一見の価値アリです。
圧巻でございます!!!
もちろん、ヒカリアンとの撮影は忘れませんよ。
K17編成とコダジイ
コダジイ「久しぶりじゃのう!」
K17「あらあら、こんな大勢で来て、お疲れ様です」
T2(ドクター)「お久しぶりです」
K17「久しぶりね、鉄博のN2から話は聞いているわ、遠くからお疲れさま」
T3編成とドクター、鼻の色が違うのはT2編成とT3編成の違いでもある
T3編成「兄さん、久しぶりね」
T2「久しぶりだなT3元気にしてたか」
X2編成とひかり隊長、ちなみにひかり隊長は西の100系だった気が(汗)
隊長「やぁ、久しぶり」
X2「元気にやっているようで何よりだ」
ノゾミとJ1編成、こうして見るとライトの違いがお分かりだろうか?
J1「ようノゾミ!元気そうだな~♪隊長として頑張ってるか?」
ノゾミ「あぁ、兄さん」
ケーくんファン「300系J1編成よ君に会いたかったぞおおおおおおおお!!!!!」
K21「いきなり発狂した!?」
説明しようこの300系J1編成に連結された322-9001は何と300系最速の325.7km/hの記録を出した最速の300系なのだ!
そして300系の試作車と言うこともあって、量産車とは顔が違うのはノゾミのレビューでも解説した通り。(参照)
セブンとC1編成、C1は超特急時代のセブンだと思うの俺は
C1「セブンも元気そうにやっているんだな」
セブン(C2)「結構博物館入りが早かったな」
C1・C2「・・・」
0系~300系までは車両が車両なので、実際にあったことはなかったがこの700系C1編成には営業運転中に遭遇したことがある。でも、700系が一部の200系よりも先に引退・保存になるとは思わなかったよ。
新幹線50周年記念だったからか、ジオラマは歴代新幹線が勢ぞろい、写真はラストラン仕様の300系J編成
そして楽しい時間があっという間に過ぎ、帰る時間に。
J1「またな!そこのお熱いカップルさん!」ケーくん「皆さん、お世話になりました」
J1達とはお別れ、名残惜しい物だが今度はまた見に来れる機会は幾らでもあるから、と言うことでリニア・鉄道館を後にした。

~〆もやっぱり700系~
はい、博物館で700系は見たわけですが、700系自体はまだまだ現役です。
今回は「ぷらっとこだま」を利用しているのでこだまに乗って帰ることに、その結果ケーくん「楽しかったね」R21「はい♪」尚、この二人はリニ鉄でイチャついていた模様
R21「ありがとうございます」C25編成「どういたしまして」
そして東京に到着、乗車した車両は700系C25編成。
こうして名古屋遠征が終了し、それぞれが帰宅しました。
これでリニア・鉄道館遠征の記事を終了いたします。
  1. 2014/11/08(土) 01:54:43|
  2. ヒカリアン旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新幹線50周年記念!リニア・鉄道館遠征 ~前編~

祝!東海道新幹線50周年!!!!!
(よく考えたらこの出だし、3回目だな)
今回はそんなこんなで突発的に決まった、名古屋遠征、リニア鉄道館見学に行ってきました。
それでは皆さん、ヨロシク!
K21(ケーくん)「了ー解!」

~旅の始まりは歴史の始まりの地から~

6時半頃・・・我々は東京駅に集合、そして「こだま633号」に乗ることになる。
そんな中、17番線に私達の乗る新幹線が入線した・・・。今回乗る編成は700系C48編成、量産車では47番目の車両だ
~10年前のエースに乗って・・・~
6時56分、C48編成こと「こだま633号」が東京駅のホームをゆっくりと発車した。
と言うことで朝飯の時間である、私はこんな弁当を食べながらゆっくりしていった。東京駅でお弁当を買ったのだが私の趣味柄、あえてJR東の弁当を東海車で食おうと考えた結果こうなった。
品川を出るとだんだんとスピード上げ、東京周辺のチンタラとした走りは嘘のように消え新幹線らしい音が車内にも響き始めた。そして新横浜、小田原、熱海、三島、新富士、静岡、掛川、浜松、豊橋、三河安城、名古屋の順に各駅に止まっていった、小田原からは各駅停車ではあるもののそこは新幹線、速達の「のぞみ」にも劣らない走りを見せてくれた。
700系は今からさかのぼること1998年に量産先行車が誕生、その翌年の1999年に0系と入れ替わる形でデビューした。
そして今から10年前の2004年は50本以上いた主力車両・・・まさにエース的車両であった。
しかし、2007年から営業デビューしたN700系にバトンタッチすると、次第に「ひかり」や「こだま」での活躍が目立つようになった、300系の引退もあり700系も第一線から退き始めている。
ちなみに700系にも廃車が出ており、今回はその保存車にも会ってくることになっている(後述)。
100系にしかり、300系にしかり、そしてこの700系に至っても世代交代の波には逆らえないと言うのは残念なことだが、コレも現実なんだなと実感する事でもある。
しかしそんな中でも私が乗ったのはそこそこ後期に作られた編成、別に古い形式・編成だからガタが来ていると言う訳でも無いが、かつて300系でこの「こだま633号」に乗車したことが、その際はかなり揺れたことが記憶に残っている・・・と言っても私はあの独特な揺れが好きだったがなw
それに対して登場から約15年経っている700系だが、乗り心地と速達性のバランスを重視した結果300系に比べて乗り心地が良くなったと言う訳だが、それは今でも健在のようで、乗ってる時に不安になるような揺れは全く無かった。(その点、300系に乗った際は色々あったな・・・)
~名古屋から乗り換え~
そしてこだまに揺られること約3時間ほどで名古屋に着いた。
ここからはあおなみ線と言う路線でリニア・鉄道館に向かう。ケーくんとあおなみ線の電車、ちなみにこのあおなみ線ではSLが走行したこともある
ケーくんと記念撮影、今までは素通りだったこの路線に乗るのでなんだか新鮮。
~いざ!リニ鉄へ~
最初に見た感想は
そしてリニア・鉄道館に到着した今回は「ぷらっとこだま」での利用だったので引換券を受付に渡し、チケットを受け取りいざ館内へ!
~後編に続く、お楽しみに~
  1. 2014/10/05(日) 09:30:18|
  2. ヒカリアン旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝!新幹線50周年記念撮影!!

祝!東海道新幹線50周年記念!
ケーくんファン「と言うことで、今日は東海道新幹線を見に行こう!!」
一同「オー!!」

~始まりの地へ~
今回の撮影記のスタートはこの東京駅からスタートだ!!
今回はこの東京駅から撮影がスタート
ここ東京駅は新幹線の始発駅であり、今日も沢山の新幹線がここから出発して行き安全に乗客を輸送している。
今日はそんな開業日から50年目の10月1日、もしかしたらヒカリアンのメンバーも紛れ込んで輸送しているかも・・・?
そしてホームに行くと・・・。
いきなり現れたE7系F10編成、今のところ一番新しいE7系である。
ケーくんファン「いきなりE7系F10編成が来た!」
のぞみ(J2)「どうして東北新幹線のホームに来た!?」
ケーくんファン「いつもの癖で東北新幹線の改札とおちったw」
セブン(C2)「おい」
最近の新幹線はこうなっておるのか~
コダジイ「ん?東北新幹線らしくないような車両が来たのじゃが、あれは何じゃ?」
のぞみ「E7系です、将来は北陸新幹線で活躍する予定の長野新幹線の新型車です」
ひかり「つまり、E2の後輩だな」
ケーくんファン「そういうことです」
コダジイと落成語間もない最新型新幹線との競演、それは新幹線とヒカリアンを追い続けたこのブログだからこそ出来たことである(?)
(ちなみにこのE7系F10編成、試運転中のようだ)

ケーくんファン「じゃ東海ホームに移動するぞ~」
一同「了解~」
そんなゆる~い感じのノリで、私がつく数時間前、始発ののぞみ1号で式典が行われた19番線に到着・・・そして。
一同「オィ待て!!」
ついにやらかしました、この男(私)。新幹線50周年のこの日にこんなことをやった人は私だけだろう(爆)
ついにやらかしました(おぃ)、ちなみに何かというとこの記念碑とレリーフは新幹線の父と呼ばれる十河信二さんの物で、座右の銘の「一花開天下春」と書いてある。
つまりそんな凄い者とヒカリアンを一緒に撮影するということをやってしまった・・・。(まずかったかな?)
そんなこんなやっていると隣のホームにお目当ての編成がやってきた。300系が引退してから数ヵ月後に落成したN700AG1編成、試運転中に撮りに行けばよかったが、200系・E3系R編成等のごたごたで結局今日まで撮影できず、今回が初対面
N700系1000番台G1編成、またの名をN700A。
今回はZ1かN1かG1かF1のどれかを撮影出来ればいいかなぁ・・・と思っていたら、運よく来ることが発覚。
東海道新幹線50年目にして初のご対面となりました。(N700Aとの初遭遇自体は5月ぐらいだが)
そして時間が来たので新幹線ホームから撤退。そして昼飯を食べました。

~時は金なり~
次の旅行の準備も含めて東京駅で用事を済ませた結果、時計は13:50ぐらいになっていた。
セブン「どうするんだ、このままだと時間的にきついんじゃないか?」
ケーくんファン「フッ・・・何の事は無いこういう時こそ日本が誇るSUPEREXPRESSがあるじゃないか!!」
ひかり「まさか・・・早い新幹線に乗るってことか」
ケーくんファン「・・・その通りです隊長」
途中、上野で新塗装のE4系にも遭遇しました、またE4を手に入れたら新塗装も作ってみようかな?E3系L72編成「先輩方、ご乗車ありがとうございました」 T2(ドクター)快適だったよ~
そしてE3系L72編成で大宮到着、あっという間でした。
そして向かった先といえば・・・ここである。
T2・ひかり・のぞみ・セブン「お久しぶりです!」 N2編成「久しぶりねぇ、皆元気にしているの?」
21-2
そう、開業当時のH2編成と共に華々しくデビューを飾った0系初期車のうちの一人でさらに言うとセカンドナンバーかつて大阪にいた21-1等の次に古い新幹線の保存車である。
今回の撮影期のもう一つの目的はこの21-2に会うことである、東海道新幹線で活躍していたこのお方に会えば今回の旅の目的が終了なので少し写真をとっていると・・・。
コダジイは彼女の後輩かな?
コダジイ「久しぶりじゃのう!」
N2編成「久しぶりね」
コダジイ「転換クロスシートはな、後にキハ31形やキハ54形に転用されたんじゃ・・・」 一同「へー」
そんなこんなで車内を見たりしました、車内ではコダジイの野外授業(?)も。
のぞみ「隊長!ウッカリーの模型ですよ」 ひかり「なるほど、ウッカリーの元の機関車はマイナーな車両だったのか」 ケーくんファン「通過している400系にも触れてやれよ」
コダジイ「おおー!貨物新幹線計画の模型ではないか!懐かしいのう~」

コダジイは前回のレビューの通り、おそらく開業時の車両では無さそうなので知っているかは別だが、こんな風に新幹線関連の模型の展示もありました。(何せ今年は新幹線50周年ですからね)
最後は200系K31編成ことやまびこ兄貴の車内で記念撮影、私にとって忘れられない一日となるでしょう
そんなこんなで記念すべき一日が終了しました。
ご一緒しましたフォロワーさん、そしてヒカリアンの皆さんもお疲れ様です、これからも新幹線には安全にさらに進化して行って欲しいですね。では、改めて。
新幹線開業50周年おめでとうございます!
以上、新幹線開業50周年記念撮影めぐりを終了いたします。
  1. 2014/10/01(水) 21:23:25|
  2. ヒカリアン撮影記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

電光超特急ヒカリアン JHR013 コダジイ

祝!!!!!東海道新幹線50周年記念!!!!!(といても一日フライングですが)
と言うことで今回は50周年の記念すべき1日に相応しいあのお方のレビューを行います!
と言うことで今回はコダジイです!

~実車について~
新幹線がメジャーなジャンルとなった現在、大人も子供もこの車両を知らない人は少ないだろう、何せこの新幹線がいたからこそ現在の世界の高速鉄道があるといっても過言ではないと言うぐらい新幹線の歴史だけでなく世界の鉄道の歴史においても大きな存在でもある。
そんな0系も当初は夢の超特急と呼ばれていた。
0系は短いもので4両、そして長い物が16両にもなる他、登場時期や番台、さらには列車仕様によって専用塗装(ウェストひかり)があったりとバリエーションが多く、200系を把握している私でも0系に関しては全てが把握できていないぐらいである。と言うことで今回は割愛させてもらいます。
(詳しいことはこちらを参照な)
鉄道博物館に保存されている21-2、保存されている0系の中ではもっとも原型に近い形で保存されている
~ヒカリアンとして~
ヒカリアンのアニメの放送時期が0系の東海撤退の時期と重なっていることからか、既に前線を引退している。
それどころかステーションで寝ていることが多くたまにチョイ役で出てくることもあった、声優は鈴木勝美さんである。
コダジイの活躍が見たい方は71話の「やまびこ兄貴!」や「しまなみ珍道中」をお勧めする。
この内、71話は回想シーンでの登場だが、彼の若き日の姿が書かれているとてもカッコイイのでカッコイイ0系のヒカリアンが見たい方にはお勧めである。
そして今回製品は超特急ではなく電光超特急なのだが、残念ながらコダジイは本編に出てきていません。
したがって、やまびこ兄貴(ヒカリアンタイショー)やウィンダッシュ(WIN350)の同様、トイのみの存在となる。
と言うことで早速ヒカリアンになっていただこうではないか!
IMG_8791.jpg
と言うことで、ヒカリアンチェンジ!!
今回のコダジイは武器やひげのシールがありません、ごめんなさい・・・
今回のレビューはオークションで手に入れた物の為、残念ながら杖とひげシールがないのはご承知いただきたい。
IMG_1271_201409301956039ce.jpg
実車の写真と向きが反対なので微妙だが、0系の形状を上手くまとめてデフォルメ出来ているのではないだろうか。
正直同じ会社のプラレールの0系がこのレベルに至ったのはつい最近のことなので、この時期にこのクオリティなのはコダジイだけではなくヒカリアン全体で評価するべき点である。
コダジイは他のキャラと年齢がはるかに違うからか足も専用設計となっている。

コダジイは0系でもかなり古い部類に入るかと思いきや、幕式の行き先表示器のモールドがあるため大窓車でも中期~後期方の部類なのかもしれない。(鉄道博物館の収蔵車には行き先表示がサボ式である)
いかがでしたでしょうか?今回は私のブログ関連での新幹線50周年記念の第一弾としてコダジイのレビューを行いました。
これからの50年・・・100年目を迎えることは出来るのか!?これからが楽しみな新幹線でもあります。
  1. 2014/09/30(火) 21:21:14|
  2. ヒカリアンレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ